酒井 幸PHOTO

酒井 幸/ヴァイオリン

Yuki Sakai

最新情報

  • プロフィールとレパートリーを掲載しました。(2011年7月26日更新)

酒井 幸 プロフィール

東京都出身。
5歳より才能教育にてヴァイオリンを始める。
玉川学園高学年を経て、桐朋学園大学に入学。
2005年、東京都交響楽団主催のコンサートでコンサートミストレスを務める。以後2006年、2008年に同コンサートに出演。

第19回日本クラシック音楽コンクール東京大会・埼玉大会ともに、好演賞を受賞。
第4回全日本芸術コンクール第2位(第1位なし)。
受賞者ガラ・コンサートに出演。
第9回ひろば賞コンクール弦楽器部門賞(弦楽器部門 第1位)。
受賞者コンサートに出演。
山手の丘音楽コンクール2010にて入選。
日墺文化協会フレッシュコンサート2010にて管弦楽器部門優秀賞を受賞。
及川音楽事務所第22回新人オーディションにて最優秀新人賞を受賞。
別府アルゲリッチ音楽祭に桐朋学園大学オーケストラとして出演しマルタ・アルゲリッチ氏、チョン・ミョンフン氏と共演。
2010年夏、ザルツブルクで行われたモーツァルテウム音楽大学夏期国際音楽アカデミーにてイーゴリ・オイストラフ氏のマスタークラスを受講。
2011年、桐朋学園大学室内楽特別講座にて、東京カルテット、原田幸一郎氏、毛利伯郎氏に師事。
室内楽では、ピアノトリオで青森県立美術館主催「チャイコフスキー・ピアノトリオ・オーディションー偉大なる芸術家の思い出にー」に参加。
クリスチャン・イヴァルディ氏の室内楽特別レッスンを受ける。
また2月に結成リサイタルを行う。
第45回TIAA全日本クラシック音楽コンサートで奨励賞を受賞。
またクラリネットクィンテットでは、ヴィオラを担当している。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者のエルンスト・オッテンザマー氏のプライベートレッスンを受ける。
荻窪音楽祭に多数出演。福島県にて「まちなか♪ふだん着のコンサート vol.3」に出演。 ソロや室内楽ともに積極的に演奏活動をしている。

これまでにヴァイオリンを石戸寛子、牛山正博、物集女純子、海野義雄、鈴木亜久里、恵藤久美子の各氏に師事。室内楽を岩崎洸、徳永二男、藤原浜雄、毛利伯郎、銅銀久弥、藤井一興、鶴園紫磯子の各氏に師事。
ヴィオラを佐々木亮氏に師事。

現在、桐朋学園大学音楽学部4年に在籍中。

酒井 幸ページトップに戻る

酒井 幸 コンサート情報

開催が決まり次第掲載いたします。


過去のコンサート履歴を見る

酒井 幸ページトップに戻る

酒井 幸 レパートリー

酒井 幸 レパートリー

酒井 幸ページトップに戻る

since 2011/7/26