河村 古都PHOTO

河村 古都/メゾ・ソプラノ

Koto Kawamura

最新情報

  • プロフィールとレパートリーを掲載しました。(2014年5月13日更新)

河村 古都 プロフィール

1988年 北海道に生まれる。
幼少時から音楽好きな両親の影響で、クラシックピアノの道を目指しながらもジャズピアノやロックドラムに触れ、様々なジャンルの入り交じる音楽環境で育つ。その後、12歳で声楽と出会い、本格的に音楽の道を志す。
2007年 桐朋学園大学音楽学部カレッジディプロマコース声楽科に入学。2006年、2008年にウィーン夏期セミナーにてProf.M.fleischmann.kのディプロマを取得。修了コンサートに出演。
2009年10月オーディションに合格し、劇団四季50期研究生となる。
1年間の研究生生活を経て退団後、桐朋学園大学音楽学部カレッジディプロマコース声楽科を修了。
2016年、ブルクハルト国際音楽コンクール入賞。
同年12月には、劇団四季“ノートルダムの鐘”日本初演メンバーとして東京公演に出演。演目契約を交わす。

現在はクラシカルクロスオーバーを中心とした音楽活動を東京、北海道で展開。また、幅広いジャンルの演奏依頼を受け、後進の育成も行っている。
これまでに、ピアノを山岡望・中川朋子、声楽を荒川久美江・真部恵子・Prof.M.Fleischmann.K・薗田真木子に師事。現在は服部礼子に師事 。

河村 古都ページトップに戻る

河村 古都 コンサート情報

8・24(日)18:00(予定)東京オペラシティリサイタルホール
ベルタガラコンサート


河村 古都ページトップに戻る

河村 古都 レパートリー

明るい声質とキャラクターの持ち主として、オペラ〈フィガロの結婚〉のケルビーノ等を得意とする。
また、クラシックだけに留まらず、ミュージカル、童謡、叙情歌など、ジャンルを越えた幅広いレパートリーを持っている。

河村 古都ページトップに戻る

関連項目|

メゾ・ソプラノ

since 2014/5/13