オクサーナ・ステパニュック
PHOTO

オクサーナ・ステパニュック/ソプラノ

Oksana Stepanyuk

最新情報

  • プロフィールとレパートリーを掲載しました。(2022年6月27日更新)

オクサーナ・ステパニュック  プロフィール

キエフ州ロキトニャンスキー地区スィニャーワ村の芸術家の家庭で生まれ育った(父:Anatoly Yevheniyovych、母:Olga Mykolayivna)。
ソロ声楽と器楽(バンドゥーラとピアノ)を専攻し、1992年にロキトニャンシカ音楽学校を飛び級で卒業。同年、ヴィクトル・コセンコ記念ジトーミル音楽専門学校へ入学。著名なミコラ・ネチポレンコの元でバンドゥーラ演奏を学び、1996年に優秀な成績で卒業。同年、チャイコフスキー記念ウクライナ国立音楽アカデミーへ入学し、オーケストラ楽科セルギー・バシュタン教授のクラスに所属。1998年からウクライナ国民芸術家のイェフヘニア・ミロシニチェンコ教授の元で並行してソロ声楽を学ぶ。
2001年リムスキー・コルサコフのオペラ「皇帝の花嫁」のマルファ役でデビュー。
2002年、チャイコフスキー記念ウクライナ国立音楽アカデミー声楽科、及び器楽科を首席で卒業。歌劇歌手、ソロ歌唱およびバンドゥーラ教員資格取得。同年、元ローマ法王ヨハネ・パウロ二世に招かれ御前演奏。
2003年8月から国際的なオペラ歌手として活動を始め、初来日して各地でバンドゥーラ演奏を中心にリサイタル開催。2004年、高円宮妃久子殿下殿下宮邸に招かれバンドゥーラの御前演奏。2005年5月、NHKラジオ、テレビ番組に出演。7月ユーシェンコウクライナ大統領(当時)訪日に際し、首相官邸(当時の小泉首相主催)での晩餐会にて歌曲他披露。その後、ウクライナ、ポーランド、ドイツ、フランス、イタリア、チェコ、イラン、日本でコンサート・ツアー実施。日本国内で約700回のソロコンサート開催。
2010年、藤原歌劇団のオーディションを受け、正団員として所属。2017年から日本オペラ協会所属。
2011年8月、「ウクライナ独立20周年記念ウクライナ国家賞の授与について」というウクライナ大統領令により、舞台芸術活動の功績を称えられ、ウクライナ名誉芸術家勲章受章。
2018年1月、松本市で歌劇「夕鶴」に「つう役」で出演。

オクサーナ・ステパニュック ページトップに戻る

オクサーナ・ステパニュック  コンサート情報


オクサーナ・ステパニュック ページトップに戻る

オクサーナ・ステパニュック  レパートリー

オクサーナ・ステパニュック ページトップに戻る

関連項目 ソプラノ

since 2022/6/27